非常照明用バッテリーの交換工事にかかる費用・相場|平均寿命・交換目安などもチェック

非常照明設備は電気が供給されていない停電時でも、バッテリーによって30分以上点灯できるようになっています。

しかし設置から長期間経過している場合、いつの間にかバッテリーが切れており、もしもの時に非常照明が使えない…ということにもなりかねません。

非常照明用のバッテリーも定期的に交換する必要がありますが、建物の管理者の方は、具体的に交換工事にどのくらいの費用がかかるのか分かりませんよね。

この記事では、非常照明用バッテリーの交換工事にかかる費用を中心に、平均寿命・電池の特徴などについて解説します。

読み終えれば、あなたも非常照明用バッテリーの交換工事に「どのくらいの費用がかかるのか」理解できるので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 設備交換工事の見積り
目次

非常照明用バッテリーとは?

FK848 誘導灯・非常用照明器具用 畜電池 パナソニック(Panasonic) 20095398
引用元:モノタロウ

非常照明用のバッテリーとは、文字通り、非常照明機器に搭載されている蓄電池のことを指しています。

バッテリーが存在することで、火災・その他災害などによる停電が起こった時でも、点灯させることが出来るのです。

避難活動を安全に行なってもらうためにも、非常照明用バッテリーは必要不可欠な存在であるということは覚えておきましょう。

非常照明設備はバッテリーで30分~60分点灯しなければならない

非常照明設備は、建築基準法によって非常時の点灯時間が定められており、停電時でも30分~60分間の点灯が定められています。

基準に則っていない場合、建物の管理者が罰則を受けるケースもあるので、非常時に点灯させるためにもバッテリーは重要なのです。

非常照明用バッテリーの交換寿命は「4~6年」

非常照明用バッテリーの交換寿命は、一般的に4~6年が目安の期間として定められています。

判断基準としては、点検の際に、点灯時間が基準となる30分を下回っていた場合、バッテリーの交換を行う必要があります。

また器具本体も8~10年を目安として交換することが求められていますが、蓄電池が劣化している=器具も劣化しているということなので、注意しましょう。

非常照明用バッテリーの交換工事にかかる費用

費用
非常照明用バッテリー 交換30,000円~

非常照明用バッテリーの交換工事にかかる費用相場について調査したところ、他社で更新工事にかかる費用を公開している業者は見受けられませんでした。

そのため今回は、弊社で非常照明用バッテリーの交換工事を行なった場合の費用を公開しています。

弊社では、非常照明用バッテリーの交換工事を30,000円〜で承っています。

機器本体更新工事には、55,000円〜かかりますが、バッテリーだけなら約2万円も安く交換が可能です。

ただあくまでも、1箇所あたりの費用なので、大規模な施設であればあるほど、合計金額が加算されるということは覚えておきましょう。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 設備交換工事の見積り

非常照明用バッテリーの更新工事ならトネクションまで!

非常照明設備は、停電時でも最低30分以上は点灯させなければならないので、バッテリーは必要不可欠な存在です。

4~6年が交換期限であるため、施工後に同程度の期間が経過しているのであれば、バッテリーの交換工事を行うことをおすすめします。

もし現在「非常照明用バッテリーの交換工事を行いたい!」と考えているのであれば、弊社でも無料のお見積りを行なっています。

消防設備の設置・更新工事における実績・経験は非常に豊富なので、ぜひ一度ご気軽にご相談ください。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 設備交換工事の見積り
  • URLをコピーしました!

この記事の担当スタッフ

建築・消防ラボのお問い合わせ受付/見積もり作成などを担当。消防工事・消防点検・建物工事・建物点検に関する幅広い見積もり依頼を受け付けております。業歴60年のなかで様々な点検/施工実績がございます。社内にいる各種スペシャリストと連携してサービスを運営しております。

目次
閉じる