屋外消火栓設備|その仕組みや種類・設置基準・工事にかかる費用相場

屋外から放水することによって、建物の消火を弱める役割がある屋外消火栓設備

建物による中期以降の火災を屋外から放水し、消火する目的として設置されています。

この記事では、屋外消火栓設備について、仕組み・種類・設置基準から、工事費用について具体的に解説します。

読み終えれば、あなたも屋外消火栓設備に関するすべてを知ることが出来るので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ 30秒で入力完了!見積調査工数をゼロに /

無料 屋外消火栓設備の見積もり
目次

屋外消火栓設備とは?

屋外消火栓設備とは、文字通り、建物の屋外から放水することで建物の1階・2階部分の火災を消火する目的として設置されています。

火災の初期段階においては、屋内における初期消火活動として屋内消火栓による消火が行われますが、延焼してしまうことも少なくありません。

隣接する建物への被害を最小限に弱めるためにも、屋外からの放水によって消火を促すことは非常に重要なのです。

屋外消火栓の仕組み

基本的な仕組み・構造は、屋内消火栓とほぼ同様です。

引用元:大分市

貯水槽などの水源から、加圧送水装置を使って水を送り込むことによって、屋外にある消火栓から放水し、火災を消火する仕組みとなっています。

防護できる水平距離に関しても、40m以上はあり、屋内消火栓の基準である25mと比較するとかなり広範囲まで届きます。

建物の2階まで届くように設計されているので、平屋・工場・作業所などに設置される機会が多いというのが特徴です。

屋外消火栓設備の種類は主に3種類

屋外消火栓設備の種類は、大きく分けて3種類です。

  1. 器具格納式消火栓
  2. 地下式消火栓
  3. 地上式消火栓

地下式消火栓

引用元:株式会社横井製作所

地下式消火栓は、地下にくぼみを設けて、その中に消火栓開閉弁を設けてあるタイプの消火栓。

近くに消火用のホース格納箱を設置することによって、ホース・ノズル・レバーなどを接続して放水します。

ホース格納箱に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、詳細はご確認ください。

地上式消火栓

引用元:株式会社横井製作所

おそらく最も屋外消火栓のイメージに近いのが、地上式消火栓なのではないでしょうか。

地上に開閉弁が設けられており、多くが上記画像のように赤いポールのような形をしています。

こちらも地下式と同様に、近くにホース格納箱を設けることで、放水して消火活動を行います。

器具格納式消火栓

引用元:株式会社横井製作所

器具格納式は文字通り、格納箱の中にホース・ノズル・開閉弁などがオールインワンで格納されているタイプの消火栓になります。

工場などでは、このオールインワンタイプの器具格納式が主流とされています。

屋外消火栓設備の設置基準

屋外消火栓設備の設置基準は、消防法施行令の第19条で、下記のように定められています。

1.一階又は一階及び二階の部分の床面積が 

  イ、耐火建築物9000平方メートル以上

  ロ、簡易耐火建築物6000平方メートル以上 

  ハ、その他の建築物3000平方メートル以上のもの 

2.同一敷地内にある2以上の建築物(耐火建築物 及び簡易耐火建築物を除く)で、相互の外壁間の 中心線からの水平距離が一階にあっては3メートル 以下、二階にあっては5メートル以下である部分を 有するも下のは一の建築物とみなす。

引用元:株式会社立売堀製作所

また屋外消火栓設備自体の機能性についても基準が設けられており、下記のように定められています。

①建築物の各部分から1の消火栓のホース接続口までの水平距離が40m以下となるようにすること。

②水源の水量は屋外消火栓の設置個数(最大2個)に7m3を乗じた量

③スプリンクラー、水噴霧、泡、二酸化炭素、ハロゲン化物、粉末、動力消防ポンプ(規格放水量0.4m3毎分以上)の各消火設備の有効範囲内の部分は設置免除

④非常電源附置

引用元:株式会社立売堀製作所

屋外消火栓設備の設置にかかる費用

費用
屋外消火栓ポンプ 更新¥3,000,000
消火栓格納箱 更新 (格納箱・ホース架・ホース・ノズル・玉型弁を含む)¥800,000
補助水槽 更新¥1,500,000
消火水槽 更新¥5,000,000

今回、屋外消火栓設備の設置にかかる費用相場を調査しましたが、残念ながら費用感を公表している企業はありませんでした。

そのため、上記では、弊社で屋外消火栓関連の設備更新工事を行う際の、各工賃表をご紹介しています。

格納箱だけでも80万円はしますが、ポンプ・補助高架水槽まで整えると、およそ全体で1,000万円以上はかかることが見込まれます。

費用感については覚悟した上で、屋外消火栓設備を利用するように心がけましょう。

\ 30秒で入力完了!見積調査工数をゼロに /

無料 屋外消火栓設備の見積もり

屋外消火栓設備の設置・更新工事ならトネクションまで!

火災が発生した際に、隣接する建物まで炎が燃え広がらないようにするためにも、屋外消火栓設備の設置は必要不可欠です。

新設する場合は、間違いなく1,000万円以上の大規模な工事が必要になるので、予め予算感を理解しておきましょう。

弊社でも屋外消火栓設備の設置・更新工事を承っており、無料でお見積りをご提出させて頂くことが可能です。

屋外消火栓設備の新設・更新工事を希望している方は、ぜひ一度ご気軽に弊社までお問い合わせください。

  • URLをコピーしました!

\ 30秒で入力完了!見積調査工数をゼロに /

無料 屋外消火栓設備の見積もり

この記事の担当スタッフ

建築・消防ラボのお問い合わせ受付/見積もり作成などを担当。消防工事・消防点検・建物工事・建物点検に関する幅広い見積もり依頼を受け付けております。業歴60年のなかで様々な点検/施工実績がございます。社内にいる各種スペシャリストと連携してサービスを運営しております。

目次
閉じる