外壁塗装の高圧洗浄は必要?費用・工事の流れ・トラブルのリスクなど徹底解説

\ まずはお気軽にお問い合わせください! /

※対象エリア【関東圏(1都6県)】

外壁に塗装を施す前に、必ず行わなければならない重要な作業が「外壁の高圧洗浄」。

高圧洗浄を行うことによって、外壁についている小さな・ゴミやホコリなどを綺麗にできるので、きちんと塗装の色を入れるためには欠かせない作業なのです。

ただ実際、これから外壁塗装工事を依頼しようと検討している方の中には、高圧洗浄にかかる費用、具体的なメリットや必要性についてイマイチ理解できていない方も多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の高圧洗浄について、必要性・種類・費用相場や、ありがちなトラブルなどについて解説します。

読み終えれば、あなたも外壁塗装を行う前の高圧洗浄にどのような効果があるのか理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

外壁塗装の高圧洗浄は必要なのか?

外壁塗装における高圧洗浄が、重要である最大の理由は、塗装後の仕上がりに大きな差が生まれてしまうためです。

通常、築10年以上経過している建物は、風雨・紫外線などの影響によって、外壁塗装が大幅に劣化しています。

例えば、外壁塗装の劣化現象の代表例として挙げられるのが「チョーキング」。

チョーキングとは、簡単に言えば、古い外壁やガードレールを触った時に、白い粉が手に付着する現象のことを指します。

経年劣化によって、少しずつ塗料が粉化していってしまい、外壁に汚れとしてまとわりついてしまうのです。

他にも年数を経過した外壁には、様々なホコリや汚れが付着しています。

高圧洗浄の過程を踏まなければ、こういった汚れの上に、塗装を上塗りしてしまうことに。

外壁の仕上がりには大幅な違いが生まれてしまうので、必ず外壁塗装の工事を行う前に、高圧洗浄を行う必要があるのです。

バイオ洗浄について

高圧洗浄の1種として、薬剤の力を利用して、外壁に付着したカビやコケを死滅させて汚れを落とすバイオ洗浄が存在します。

一般的に高圧洗浄は、水道の水を使って水圧のみで汚れを除去していくものですが、バイオ洗浄では水ではなく薬剤を使って殺菌洗浄していきます。

住宅が立ち並んでいて影ができやすかったり、湿度が高い場所では、外壁にカビ・コケなどがつきやすいものです。

通常の高圧洗浄だと、表面の汚れしか落とせないため、壁に潜んでいるカビ・コケなどが落とせず、すぐ剥がれる塗装になってしまいかねません。

その点、バイオ洗浄であれば、内側にはびこっている汚れも綺麗に洗浄できるので、より完璧な塗装を施すことができます。

壁にカビ・コケなどが生えている自覚のある方は、ぜひバイオ洗浄を行うように心がけましょう。

外壁塗装の高圧洗浄にかかる費用相場

高圧洗浄100~180円 / ㎡
バイオ洗浄250~500円 / ㎡

外壁塗装の高圧洗浄にかかる費用は、水による洗浄で1㎡当たり100~180円、バイオ洗浄で250~500円ほどかかります。

塗装面積は「坪数×3.3㎡×1.2」でおおよそ面積が求められます。

仮に40坪の物件の塗装面積を計算してみると、

  • 40坪 × 3.3㎡ = 132㎡(延床面積)
  • 132㎡ × 1.2 = 158.4㎡(塗装面積)

という結果に。

つまり40坪の物件の場合、

  • 158.4㎡ × 180円 = 28,440円

約3万円ほどかかる計算になります。

外壁塗装工事の全体額と比較すると、そこまで高くはありませんが、実際に業者の人ときちんと話合って、料金を確認しておくように心がけましょう。

高圧洗浄の水道代も負担

高圧洗浄でかかってしまう見えない費用としては、水道代が挙げられます。

洗浄時に利用する水は、基本的には自宅の水道から引っ張ってくるので、そのまま水道代も負担しなければなりません。

業務用の高圧洗浄機の出水量を毎時600リットルであると仮定して、高圧洗浄の作業は1営業日(=8時間)はかかることが多いので、

  • 600L × 8h = 4,800L

だいだい4,800Lが利用される計算になります。

これを東京23区内の水道代金に当てはめると、1,562円の料金がかかる計算に。

各地域ごとに多少の誤差はあるものの、大体1,500円~2,000円くらいは工費にプラスで料金がかかってしまうということを理解しておきましょう。

外壁塗装の高圧洗浄にかかる時間

外壁塗装の高圧洗浄は、1日かけて全ての箇所の洗浄を完了させるのが一般的です。

専用の機械を使いながら、家全体を洗浄しなければならないため、隅々まで洗浄を行うと1日かかってしまうケースがほとんどなので注意しましょう。

また高圧洗浄が完了した後は、2日間は乾燥させるのが一般的。

季節にもよりますが、最低でも24時間以上はおいておかないと、後から塗膜がふくれてしまったりする原因になります。

つまり1日を高圧洗浄にかけて、次の2日を乾燥に当てるため、合計で3日間は必要であると言えるでしょう。

外壁塗装の高圧洗浄を行う際の流れ

業者によって違いはありますが、外壁塗装の高圧洗浄は以下のような流れで行われることが多いです。

近隣への挨拶

施主が伺う場合もありますが、業者が実際に挨拶まわりを行うケースもあります。

高圧洗浄は騒音・水はねなどで周囲に迷惑をかけてしまうこともあるので、必ず事前に近隣住民に認知しておいてもらうことが大事です。

養生・飛散防止シートなどの設置

高圧洗浄は水圧によって壁の汚れを除去していく作業なので、汚水が外に飛んで近隣の家に飛ばないように注意する必要があります。

また家の中に水が侵入しないようにするために、必要に応じて養生を行うこともあるので覚えておきましょう。

高圧洗浄の実施

基本的に途中で汚水が流れて壁を汚すこと等がないように、屋根から洗浄を行っていきます。

上から下に洗浄を進めていき、コケ・カビなどの汚れをきっちり落として洗浄完了となります。完了後はきっちり外壁を乾燥させましょう。

外壁塗装の高圧洗浄はトラブルが起こる?よくある事例3つ

外壁塗装の高圧洗浄は、実は意外とトラブルが起こってしまいやすい工程でもあります。

今回は高圧洗浄の際に、起こりがちなトラブルの事例を3つまとめました。

洗浄について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

室内に水が侵入する

まず1番多いトラブルとしては、洗浄時に窓枠などから水が侵入して、家の中が浸水してしまったというトラブルです。

下手な業者(職人さん)に当たってしまうと、窓枠などのデリケートな部分も強力な水圧で洗浄してしまい、水が侵入してしまうというケースも少なくありません。

家主側としては、水が侵入して来ないようにきちんと窓を閉めておく必要があります。

高圧洗浄自体、職人さんの腕によるところが大きいので、きちんと経験豊富な業者に頼むように心がけましょう。

高圧洗浄を適当に終わらせる

1日かかることが一般的な高圧洗浄ですが、2~3時間軽くやった程度で、終わらせてしまう業者も少なくありません。

高圧洗浄は水の力を使って、外壁の汚れなどを除去する洗浄方法などで、一度さらっと流しただけでは除去が難しいもの。

請け負う業者の中には、適当に洗浄を終わらせて、すぐに塗装に移ろうとする悪徳業者もいるので注意しましょう。

近隣住民から苦情が来る

騒音・塗料の異臭・水はねなどの問題で、近隣住民とのトラブルが起きてしまうケースも少なくありません。

こうしたトラブルは、特に事前に近隣住民の方に説明を行っていない場合に起こりがち。

未然にトラブルを防ぐためにも、きちんと近隣住民の方に工事が行われる旨を周知しておくように心がけましょう。

まとめ|外壁塗装の高圧洗浄は丁寧に行ってくれる業者に依頼すべし

外壁塗装の高圧洗浄は、塗装後の仕上がりに大きく影響を与えてしまうため、丁寧に行わなければなりません。

高圧洗浄を適当に行ってしまうと、汚れが残った状態から上塗りすることになるので、浮き・はがれ・変質色などに繋がりやすいです。

塗装の仕上がりを決定づける重要な工程であるため、なるべく信頼できる丁寧な業者に依頼する必要があります。

弊社でも、外壁塗装工事に関する知見・実績等が豊富にあるため、外壁塗装の高圧洗浄に不安をかかえている方は、ぜひ一度ご気軽にご相談ください。

\ まずはお気軽にお問い合わせください! /

※対象エリア【関東圏(1都6県)】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

建築×消防ラボ編集部です。マンション・アパート管理会社様から、管理組合様、施工業者様など、お困りのことに関する情報を発信してまいります。

目次
閉じる