信頼できる大規模修繕コンサルタント|5つの特徴と選び方

信頼できる大規模修繕コンサルタント|5つの特徴と選び方

管理組合にとって、非常に重要なイベントとなるマンションの大規模修繕。大規模修繕をスムーズに行うため、コンサルタント会社との契約を検討されている方も多いでしょう。この記事では大規模修繕コンサルタントの概要を解説し、信頼できるコンサルタントの特徴について紹介します。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 大規模修繕工事の見積もり
目次

大規模修繕コンサルタントとは

修繕工事の費用は適切なのか、本当に工事を行うべきなのかなど、専門知識のない管理組合にとって大規模修繕工事はさまざまな悩みを生み出すイベント。

マンションの大規模修繕をスムーズに行えるように、専門的な知識を用いて建物の管理組合をサポートするのが、大規模修繕コンサルタントです。

適切な修繕計画の提案、管理組合と相性の良い施工業者の選定や、工事の管理を行うなど、コンサルタントがサポートする内容は多岐に渡ります。

大規模修繕コンサルタントの主な業務内容

大規模修繕コンサルタントの主な業務内容は下記の4つ。

  • 建物の劣化診断
  • 改修設計
  • 業者選定のサポート
  • 工事管理

それぞれについて解説します。

建物の劣化診断

建物全体をくまなく調査しどこを修繕すべきなのか、そもそも工事を行う必要があるのかなど、大規模修繕を行うにあたっての工事内容を検討し、報告書をまとめます。

コンサルタントの建物劣化診断では、主に下記のことを調査します。

  • 外壁・建物内部の劣化診断
  • 空調やエレベーターなどの設備調査
  • 入居者が建物に対して抱えている不安のアンケートリサーチ

など。

建物の劣化状況は、素人では判断ができません。

専門家の意見をもらい工事の有用性を強くすることで、安心して修繕工事が行えるようになります。

改修設計

大規模修繕工事を行うにあたっての工事範囲・仕様などをチェックし、修繕費用の範囲内で、管理組合の要望に沿うよう改修に関する設計を行います。

業者選定のサポート

見積価格や過去の施工実績などから、どこの施工業者に依頼するべきなのかを判断し、管理会社にとって最適だと思われる業者を選定するサポートをしてくれます。

なお、施工業者の最終決定権は管理会社にあります。

工事監理

大規模修繕工事が設計図書の通りに行われているか、コンサルタントが施工状況を監理します。

工事の内容に問題があれば工事会社にやり直しを指示するため、修繕工事の品質が担保されます。

また、修繕委員会からの工事内容に関する要望があった場合、施工業者の現場監督へ直接相談をする役割も担っています。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 大規模修繕工事の見積もり

信頼できるコンサルタントの5つの特徴

管理組合と幅広い関わりを持つことになるコンサルタント。

大規模修繕を成功させるためにも、安心して依頼できる人物をパートナーにしたいものです。

ここからは、信頼できるコンサルタントが持っている特徴を5つ紹介していきます。

コミュニケーション能力が高い

大規模修繕工事を円滑に進めるためには、コンサルタントのコミュニケーション能力はとても重要なポイントになります。

管理組合と施工業者の間に立つコンサルタントは、それぞれの意向を汲み取り、正確にもれなく伝えるという役割を担っています。

話も下手で聞くのも下手なコンサルタントでは、スムーズな修繕工事も行えません。

大規模修繕のコンサルティング実績が豊富でリピート率が高い

経験が豊富なのはもちろん、同じマンションからどれほどリピートされているのか確認しておけば、信頼できる業者か否かの判断ができます。

また、お住まいのマンションと似ている案件を行った実績についても、確認しておくことが大事です。

もしお住まいのマンションタイプと酷似した実績を多く持ち、リピート率も高いようであれば、信頼に値するコンサルタントとしての大きな判断材料となるでしょう。

管理組合の意向を理解してくれている

いくら工事に関する専門知識を持っていても、管理組合の意向をしっかりと理解していないようだと満足のいく修繕工事など行えません。

コンサルタントには、管理組合の意向よりも自分が得意としているやり方を強引に提案する人もいます。

こちら側の意向を細かく汲み取り、その中で豊富な経験を活かしたプロのやり方を提案するのが、信頼できるコンサルタントです。

素人でも分かりやすい説明をしてくれる

大規模修繕工事では、建設に関することや設計図書に書かれていることなど、聞きなれない専門用語が数多く飛び交います。

素人が疑問に思わないよう、分かりやすく簡潔に説明してくれるようであれば、管理会社の悩みを汲み取ろうとする意志が強い人なのだと判断できます。

実際の担当者がヒアリングに来る

良質なコンサルタントを選ぶにあたって、ヒアリングは欠かせない行事です。

ヒアリングでは、実際の担当者ではない営業のみが出席するケースもあります。

多忙などの理由で来れないなどの理由もありますが、管理組合としては実際に担当する人の能力や人柄を把握しておきたいところ。

営業に来た人がいくら優秀でも、契約がとれれば営業の仕事は終わりです。

ヒアリングが行われる際には、実際に担当する人物が出席するか確認しておきましょう。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 大規模修繕工事の見積もり

コンサルタント費用の相場について

大規模修繕工事のコンサルタント依頼をした場合の費用相場は、総工事費用のおよそ3〜10%程度になるケースが一般的です。

総工事費用が3,000万円だった場合は、コンサルタント費用は90〜300万円ほどになると考えることができます。

なお、修繕を行うマンションの規模などによって実際の費用は異なる場合もあるため、あくまで目安の費用として参考にしてください。

マンションの大規模修繕は確かな実績を持つ専門家へご相談を

大規模修繕を成功させるには、マンションの状態をしっかりと調査し、綿密な修繕計画を立てて実施する業者とタッグを組むことが重要になります。

弊社は、マンションの大規模修繕に関わる業務を、確かな実績をもったスタッフが徹底的にサポートいたします。

大規模修繕工事をご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 大規模修繕工事の見積もり
  • URLをコピーしました!

\ 見積もり依頼で費用が安くなる /

無料 大規模修繕工事の見積もり

この記事の担当スタッフ

建築・消防ラボのお問い合わせ受付/見積もり作成などを担当。消防工事・消防点検・建物工事・建物点検に関する幅広い見積もり依頼を受け付けております。業歴60年のなかで様々な点検/施工実績がございます。社内にいる各種スペシャリストと連携してサービスを運営しております。

目次